若い女性は生理の痛みが強い?

正常な女性であっても、重だるい感じの痛みが生理の1日目、2日目には続くようです。生理のときに頭痛をともなうこともよくあるようです。風邪で鼻が詰まって眉間のあたりから奥が重たいような感じに似ているようです。特に若い女性は子宮がまだ発育不全の場合も多いので、痛みが強い傾向にあるようですね。子宮内膜症や子宮筋腫を患っていると、肛門のほうに引っ張られるような痛みや、腰の抜けるようなだるさ、腰痛などをともなってくるようです。さらに子宮が収縮する以外にも生理痛の原因というのあるのです。生理中は生理の血がうつ血することで骨盤内の血流が滞ります。こうしてうつ滞、血液やリンパ液などの体液が正常に循環しないでこの部分に滞留してしまうのですが、そのせいで腰が痛くなることがあるのですね。腰が痛いのも、なんとなく骨盤に固まれた中に痛みの源があって、そこが脈打っている感覚と言われます。ここが痛いという痛みのポイントが漠然としていて特定できない、触るに触れないもどかしさがあるので、痛みの感覚が増すというようなことも言われたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>