女性の身体の神秘

脳下垂体というのは視床下部のちょうど下側にあって、さまざまなホルモンを作る内分泌器官なのです。性腺刺激ホルモン放出ホルモンを受け取った脳下垂体は、2つの性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンを分泌するようなのです。分泌量はそれぞれ排卵直前にピークになるようですね。脳下垂体から分泌されたこの2つのホルモンは卵巣にたどり着きます。ここで刺激ホルモンは卵子を育てるように命令をするのです。そしてこれによって今まではアイドリング状態だった卵子が成熟するというわけです。黄体形成ホルモンは、卵子を完全に成熟させて排卵させる働きをすると同時に、卵胞刺激ホルモンとともに排卵後の卵胞を黄体化し、女性ホルモンであるプロジェステロンの分泌を促すのです。卵巣から分泌されるもうひとつの女性ホルモンであるエストロジェンは、女性器を発育させ、体型を女性らしくする働きがあるのですね。また、骨吸収を抑制するので、更年期以降にエストロジェンが減少すると骨粗軽症の一因にもなってしまうのです。また身長の伸びを止める働きもあるので女性は初潮を迎え生理周期が始まると背があまり伸びなくなって、やがてストップするようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>